っていうか、逆!

よく今まで持ちこたえたと思います。
よく今までボクを乗せて走れたと思います。

逆だったんです。
空気を入れるときの操作順008.gif

ボクが購入した空気入れは写真の穴がフランス式、反対側がアメリカ式バルブに対応。
(プラス、ママチャリ用のイギリス式アダプターもついてます。)

サイクルショップで買った際、念のため
「この空気入れはフランス式バルブ対応ですか?」
と聞いたところ、写真空気入れ真ん中の印がグレーの方に来るようにレバーを左側に倒し、
「これで入れられますよ」
と教えてくれたのを正直に受け、レバーを倒した後、口をバルブに差し込んでいたのです。

そうすると、どうもバルブにキッチリ入らず(固定されず)空気が入れにくいのですね。
手で押さえてないと空気が入って行きません。
a0127781_23164574.jpg

ふとネットで空気の入れ方を検索すると、手順が逆!
1.グレーの口をバルブに差す。
2.空気入れ真ん中のレバーをバルブ側に倒す
 (これで空気入れの口がガッチリ固定されます)
だったのですね058.gif

目から鱗というか、お恥ずかしいというか・・

自転車買ってからこの2ヶ月あまりよくパンクせずに走ってくれたものです。
(しっかり固定して空気圧を診てみると最低圧より大分低かった;)

なので、空気をたらふく入れた今日のタイヤでの走りはまるで別もの。
軽快すぎてお尻が痛いくらいでした。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-03-02 23:53 | レスモ(lesmo)

<< 漏れてます! 新婚旅行先がやっと決まりました >>