レスモ/ブルホーン化(取付編)/レバーコラムマウント

レバーコラムマウントの取付注意点

1.愛車のコラム外径は確認しておきましょう
レスモはコラム外径(ハンドルクランプ径も)が1インチ(25.4mm)なのですね。
一方、DIXNAレバーコラムマウントの取り付け径は1-1/8インチ(28.6mm)。

コラム外径を全く気にしていなかったボクは取付時に愕然としたわけです。これじゃぁブカブカだと。
下の写真がそのまま取り付けた図。ボルトをいっぱいまで締めて誤摩化していますが、ゆるゆるです。
a0127781_23493597.jpg
別途、DIXNAのAヘッドスペーサーを購入し、あわせて1-1/8サイズのヘッドスペーサー(ゴールド)も調達しました。
Aヘッドスペーサー部にはヘッドスペーサーとレバーコラムマウントを噛ませて、ステムは純正を使用して、1インチ径のところに取り付けています。
a0127781_23522311.jpg
a0127781_23523483.jpg


2.レバーコラムマウントの向きはお好みで
当のレバーコラムマウントですが、下写真の取付とは逆向きでも取り付けが可能です。
↓ボクはこの向きで取り付け
a0127781_23552267.jpg
↓逆向きでも取り付け可能です。
a0127781_23555132.jpg
逆でもシフト操作は問題有りません。ステムの締め付けボルトと合っているので、一度こちら向きで取り付けようと考えましたが、思いのほかシフトレバーが遠く感じたので取りやめました。

これから取付を考えている方、参考にしてみて下さい。
a0127781_23591859.jpg
a0127781_23593223.jpg

※シフトアウター受けの角度は36°刻みで変えられます。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-11-22 23:55 | レスモ(lesmo)

<< レスモ/ブルホーン化/Wレバー... エコポイント >>