レスモ/ブルホーン化/Wレバー引きしろ

Wレバーの引きしろ具合のご紹介
レスモはフロント:2、リア9段のギア。
シフトケーブルを取り外すとテンションがなくなり、フロントギアはロー側、リアはトップに入った状態となります。この状態からシフトケーブルを引いてシフトチェンジするかたちとなりますね。
なので、シフトレバー取付時はアウター受けに当たっている(これ以上ギアのスプリングに引っ張られてもレバーが動かない)状態となります。下写真がそれです。
a0127781_19145915.jpg

↓フロントギアの引きしろ具合。トップ側に入った状態でこの角度です。トップに入った状態で、これ以上レバーを引いてもディレイラーが動かないため、引けません。
a0127781_19192081.jpg
a0127781_19193442.jpg

↓リアの引きしろ具合。ローに入った状態でこの角度です。結構引けます。でも9段なので、1段変えるのに必要なストロークは5mmくらいでしょうか。
a0127781_19251184.jpg
a0127781_19252454.jpg

↓フロント=トップ、リア=ローに入った状態。
a0127781_19261078.jpg
a0127781_1926235.jpg

[PR]

by gaiantpanda | 2010-11-23 19:27 | レスモ(lesmo)

<< 包帯バーテープ レスモ/ブルホーン化(取付編)... >>