HONDA CIVIC TYPE R EURO

ホンダから待望のTYPE R EURO発売。

コンセプトカーがそのまま出てきたようなデザインですね。
この弾丸のようなカタマリ感のあるクルマ、好きです。

TTと比べても良心的なプライス。ツーペダルシフト(セレスピード)を知ってしまうと、マニュアルにややためらいがありますが、この価格でこのスペック、デザインも好みなのでものすごく惹かれます。。
a0127781_23514563.jpg

【carviewから】
 ホンダは、欧州で生産(販売)される“シビック タイプRユーロ”を日本に導入し、11月5日より2010台限定で発売すると発表した。

 シビックの高性能スポーツグレード“タイプR”。日本を代表するホットハッチとして人気を集めていたが、ここ数年は国内販売の低迷により、日本での販売が見送られていた。日本では、2007年に4ドアセダンのタイプRが発売されたが、ハッチバック版タイプRの投入は4年ぶりとなる。

 搭載エンジンは、2リッターの自然吸気ユニット。このDOHC i-TECユニットは、圧縮比の設定やNSX製法ヘッドポート処理、吸排気抵抗の低減、吸排気系やバルブタイミングの最適化などが施される。

 スペックは、最高出力201ps/7800rpm、最大トルク19.7kg-m/5600rpm。リッターあたり100psを達成した。トランスミッションは、6速MTが組み合わされる。

 エクステリアには、空力性能を重視した専用のエアロパーツ(メッシュグリル、エアロガーニッシュ、カラードテールゲートスポイラーなど)が装備される。もちろん、タイプRの証である赤いHondaエンブレムも健在だ。

 インテリアは、アルミ製球形シフトノブ、R specシート、メタル製スポーツペダル&フットレストといった専用アイテムが奢られる。

 足回りは、専用サスペンションや専用18インチタイヤ、トルク感応型ヘリカルLSDなどが装備され、トラクション性能が高められている。また、VSA(ABS+TCS+横滑り抑制)やEBD(電子制御制動力配分システム)、ブレーキアシストといった電子デバイスも標準装備される。

 価格は、298万円。販売台数は、2010台限定。
[PR]

by gaiantpanda | 2009-11-05 23:53 | クルマ

<< 第1回打ち合わせ&衣装合わせ(... BASSO レスモ >>