カテゴリ:新婚旅行( 21 )

イタリア事情/アルファロメオ編

日本ではあまり走っていないアルファロメオも、もちろんイタリアでは多く見かけます。
a0127781_23401865.jpg

一番多い印象なのは意外にもMITO。日本デビューからは、まだ1年経っていませんがヨーロッパでは先にデリバリーが開始されているのでしょうし、何より細い路地のイタリアでは好まれそうです。(ていうか、上のMITO、どうやって発車するんだろ?前後スペースなさ過ぎ)
a0127781_23404961.jpg
次に多いのは147。日本でもよくみかけるアルファですが、これも小さいボディが好まれているものと思います。
我が愛車GTはというと・・・、市街地、高速道路と移動中は常に探していたのですがローマに入るまで、1台たりともみかけることがありませんでした。悲しいかな人気薄?ボディが大きいくせにクーペっていうのが駄目なのかしら?ローマで数台見かけましたが、良い写真が撮れなかったのでここには載せないことにします。
a0127781_2345749.jpg
楽しみにしていたのが、イタリアのバトカー。やはりアルファロメオです。警察車両になってもカッコイイ・・。
本当は映画「天使と悪魔」に登場する様な黒いボディに赤いラインがナイスなパトカーをねらっていたのですが、これも良い写真が撮れず・・・。
a0127781_23544124.jpg
それにしてもイタリアの景色に見事に合います。アルファロメオ。
イタリアの街に、イタ車。ステキですね。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-22 23:58 | 新婚旅行

イタリア事情/クルマ編

イタリアを走るクルマを眺めていての感想。

・外車が多い。外国なので至極当たり前ですが、アルファを始め、ベンツ、BMW、アウディ、プジョー、ボルボ。満遍なくヨーロッパ車が走っています。
a0127781_22475793.jpg
・小さいクルマが多い。作業車、営業車を除き、日本のようにワンボックスやミニバンのファミリーカーは皆無。アルファ147,MINI,スマートといった小回りのきくクルマが大多数。
a0127781_22452667.jpg
なかでも、スマートは本当によく走っていました。トヨタのヴィッツ、日産のマーチなんかも結構走っていました。
・クルマが汚い。雨や泥はねで車体がツートンカラーになるくらい汚いです。上のスマートもなかなかですね。ベンツだろうが、アウディだろうがそれは変わりません。奇麗なクルマを見かける事の方が困難です。
・マニュアル車高確率。路駐しているクルマ10台くらいを連続で確認したら全てマニュアルでした。オートマは人気薄なのでしょうか?
・高速道路では、走行車線、追い越し車線が明確。イタリア国内の移動はバスでしたが、どのクルマも走行車線のバスを(追い越し車線から)追い抜くと、キッチリ走行車線に入ります。面白いくらいに徹底しています。だから流れがスムーズに見えたのかな?たまに追い越し車線をゆっくり走る、サンデードライバーもいますが、日本の高速道路の風景とは違いますね。

次回にアルファロメオ事情を載せて、番外編も終了します。

因に、イタリアでは「歩行者優先」ではありません。横断歩道以外で道路を渡ってクルマにはねられたら歩行者が悪いということになるそうです。しかも細い路地が入り組む市街地でもタクシーだろうが何だろうが結構なスピードで交差点に入ってくるので、道路を渡る歩行者もそれなりに注意する必要があります。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-21 23:00 | 新婚旅行

イタリア事情/バイク編

つい先日まで、ドカに乗っていましたので、イタリアでもバイクには目がいきます。
ところが町中を走っているのはスクーターばかり。積載量もある程度あり、オートマで小回りのきく実用的なものが殆どです。バイク雑誌で読んだ事がありましたが、ちょこちょこ駐輪場があるのですね。
a0127781_22554270.jpg
また、上写真のように道路脇に駐車していてもビッチリ、奇麗に並べられています。ただでさえ細い路地。一台くらいはみ出しているバイクがありそうですが、キッチリ車一台が通れるスペースは空けられています。
日本の路駐風景とはどこかちがいますね。
a0127781_2303057.jpg
これはやっと見つけた路駐のドカティ。やはり治安が悪いのを反映してか、ドカティのようなバイクは市街地、観光地ではあまりみかけませんでした。上述のスクーターでさえ、ず太いチェーンでしっかりロックしてありますので、ドカなんかずっと路駐しようものなら、もってけドロボー状態なんでしょうかね。
そのようなバイクはちゃんとしたガレージ。走っているのは郊外のワインディングなのでしょう。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-20 23:06 | 新婚旅行

イタリア事情/防犯編

イタリアはスリが多い(まぁ、スリがいるのはイタリアだけではないと思いますが)と聞いていましたので、パスポートや一部の現金は首から下げて衣服の中に入れていましたが、観光の際、どうしてもある程度の現金、折り畳み傘などの荷物を持ち歩く必要があったのですね。
a0127781_18582611.jpg

ボクが持ち歩いたのは背中に背負うタイプのボディバッグ。もちろん、背中に背負う事はなく、脇の下か前にして歩いたのですが、防犯のために(明から様に)ファスナーにはダイヤルロック。ロックの取り外しが面倒な場合は写真ファスナーのそばのように安全ピンを差しておき、ファスナーが開かないようにしていました。おかけでスリやそれらしい人に会う事もありませんでした。
地下鉄やバスにも乗りませんでしたし、「イタリアは南に行くほど治安が悪い」ということで、ローマで一番警戒していましたが、イースターのイベントのため警官が町中に多くいた影響も合ったのかもしれません。

添乗員さんは、「スリはその日のノルマをこなすため、有料入場の寺院や美術館にもいるので、気をつけて下さい」と言っていましたね。危ない場面に遭遇する事はありませんでしたが、すれ違い様にボクのバッグのファスナーに目がいっている人が2、3人いました。どれも中東、東南アジア系の外国人。イタリアでのスリにイタリア人は少なく、ジプシーや外国人なんだそうです。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-18 23:19 | 新婚旅行

イタリア事情/食事編

今回のイタリア旅行で、食事が美味しくないというときは一度もありませんでした。
日本でもよく食べるパスタやピザはイタリアでもその味付けは同じ。
特に違和感はないですね。
ホテルの朝食はパン。昼食、夕食はパスタ(スパゲティ、フェットチーネ、リングイネなど食感が違えど)、ピッツァと小麦粉が続くので、嫁さんはrローマに来た頃には「米が欲しい・・」と言っていましたね。
a0127781_1943175.jpg

サラダも何度か出てきましたが、「ドレッシング」というものがありません。フレンチとかイタリアンとかそんなものもないです。。オリーブオイルとバルサミコ酢、塩、胡椒が提供されるので、それぞれ好みに応じてかけるのですね。

困ったのが水。イタリアの水道水は飲めるそうですが、日本人には合わないそう。石灰分が多く硬水であるため、日本人がいきなり飲むとお腹を壊すそうです。ボクも水道水は飲まずミネラルウォーターだけ飲んでいたのですが、ミネラルウォーターも硬水の類だったのでしょうか、2日目からずっとお腹を壊していました。(嫁さんは問題なかったのに・・・)300km弱のバス移動はハラハラものでした。

ピザはローマに入ってから食べたので、もう少し色々な店のピザ食べたかったですね。。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-17 19:49 | 新婚旅行

新婚旅行/イタリア8日間⑦

楽しかったイタリア旅行もいよいよ最終日。
帰国日なのですが、成田直行便なので出発はイタリア時間の午後9時前。
空港へ出発する夕方5時まではフリータイムとなります。
a0127781_1923765.jpg
多少、天候が不安定なときもありましたが、結構天候には恵まれていた今回の旅行。しかし、最終日となる今日は朝から雨です。結局一日雨でした。
a0127781_1944639.jpg
一昨日、規制のために入場できなかったフォロロマーノ、コロッセオを見学しようと徒歩で向かったのですが、雨脚が強くなって来たため、ホテルへ戻ってしまいました。
ホテルは既にチェックアウト済みですが、ロビーでまたーり。
ランチはホテル近くのイートインできる切り売りピザ店に入りました。地元のおばあちゃんがやっている、ファーストフード的なお店です。店頭には日本人に頼んだのでしょうか、日本語で「イタリアと言えばピッツァ!」と張り紙がありました。
a0127781_1981162.jpg
これがイタリアでの最後の食事なので、ピザにしたのです。。
a0127781_1993347.jpg
この後、帰りの機内でお腹が空いたとき用のお菓子を物色にテルミニ駅へ。駅舎はショッピング街になっており、お土産も購入できます。日本の駅ビルのようなものですね。
a0127781_1911199.jpg
テルミニ駅(ていうか、イタリアの駅?)には「改札」がなく、自由にホームに出入りできます。(大きなリュックサックを持ったバックパッカーが多くいました)上の写真はホームに停まっていたユーロスター。
駅でウィンドウショッピングしたり、地下の食品街でお菓子を買ったりと雨をしのいで、ゆっくりしました。
a0127781_19144387.jpg
写真はもう夕方。高速道路を1時間ほど走り、ローマ・フィウミチーノ空港に到着。
チェックイン後、出発まで2時間ぐらいあったので、ここでも免税店を見たり過ごしました。
20:45分発のJAL直行便にてイタリアとお別れです。

8日目は帰国するだけですね。夕方3時半頃に成田空港着。リムジンバスで立川まで帰り、家に着いたのは夜7時半頃。
1週間あった旅行もアッという間でした。「イタリアの歴史を勉強して行った方がより楽しめるよ」と会社の先輩に言われていていたにもかかわらず、あまり実行できずに参加した今回の旅行。添乗員さん動向のツアー、現地ガイドもありという事で楽しく観光できました。
今回、メジャーどころは観光できたわけで、今度、フリーツアーなどでイタリアを訪れるときは自分なりに勉強して行った方が良いかもしれませんね。
食事よし、観光よし、街並よし、気候よしでとても楽しい新婚旅行でした。

この後、新婚旅行番外編としていくつかエントリーしたいと思います。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-13 11:34 | 新婚旅行

新婚旅行/イタリア8日間⑥

6日目はローマ。終日フリータイムです。
a0127781_23191229.jpg
『バチカン市国に来たなら、バチカン美術館に入らないのはもったいない』と会社の先輩から聞いていたので、午前中はオプションツアーでバチカン美術館を見学。
(上の写真はバチカン美術館入り口前。ペナントがなかったらただの壁の様な・・)
a0127781_23204244.jpg

ここのメインはミケランジェロの『最後の審判』ですが、これが描かれているシスティーナ礼拝堂ではイヤホンガイドを含めた全てのガイドが禁止されているため、美術館中庭の写真の前で事前に説明してくれます。(外国人ツアーの団体は思い切り礼拝堂の中でガイドしていましたが・・)写真の様な衝立てが中庭にいくつも立っています。
a0127781_23295046.jpg


礼拝堂の中は写真撮影も禁止な訳でしっかり目に焼き付けるしかないのですが、美術館の係の人から「静かに!」「立ち止まらずに行きなさい」と促され、かつ人も芋洗いのように沢山いるわけで、じっくりと鑑賞というわけには行きませんでした。

この後、昨日閉められていたサンマルコ寺院内を見学して、午前のツアー終了です。

素晴らしい天気の中、サンマルコ広場近くのバール・テラス席でピザを食べた後、ローマの街を歩きながらホテルに戻りました。

a0127781_23302854.jpg
サンタンジェロ城。
a0127781_2332297.jpg
ナヴォーナ広場。「四大河の泉」の彫像は修復中?清掃中?フェンスに囲まれていて、観れませんでした。
a0127781_233532100.jpg
ナヴォーナ広場近くにあるパンテオン。こちらにも足場がドーンと・・。
a0127781_23372341.jpg
こちらも有名、スペイン広場。写真の階段のところは人で埋め尽くされています。もっと他にも行くところ、観るところあるでしょうに・・・。
a0127781_23392646.jpg
でも、しっかり自分達も座ってきました。

ここまで、観光スポットの間はどれも歩いて10分くらいで到着します。フィレンツェ同様街を眺めているだけでも楽しめるので、午後の時間もあっという間でした。

a0127781_2342276.jpg
夜は嫁さんのリクエストでティラミスがあるリストランテへ。ホテル近くに日本人が経営するお店があったのでそこに入りました。フィレンツェのBUCAMARIOと違い、周りのお客さんにも日本人が多くいるので、それだけで安心できますね。(オーダーは一応イタリア語で頼んでみました)
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-12 22:55 | 新婚旅行

新婚旅行/イタリア8日間⑤

5日目ともなると、日記をタイプするのもいささか億劫になってきました・・

朝、フィレンツェを出発し、バスでローマに。
というわけであっという間にローマでの昼食。ピザ・・基、ピッツァです。
a0127781_23475791.jpg

日本の宅配ピザのMサイズくらいありますが、コレで一人前。
この前に前菜として生ハムとモッツァレラチーズのサラダをタップリ食べてます。
ボクは完食しましたが、嫁さんは半分強食べるのがやっと。
美味しいからいいんですけどね・・。

このあと、半日観光です。
まずは、サン・ピエトロ広場。
a0127781_23521495.jpg
バスを降りて広場に向かうと・・柵の向こう側はもうバチカン市国です。
この日は2010/4/2。4/4のイースター/復活祭が近い事もあり、サンピエトロ寺院に入場予定でしたが、既に閉められていました。でも、映画「天使と悪魔」でラストシーンに出て来たサン・ピエトロ広場に立っただけでも感動ものです。(でも映画はバチカンの撮影許可が下りず、セットとCGらしいですね)。
a0127781_23554251.jpg

(写真上の建物の最上階、右から2番目がローマ法皇の執務室らしいです)


a0127781_23564524.jpg

続いて、映画「ローマの休日」で有名な真実の口。
映画を見ていない人には「これがどうしたの?」とクレームが出るらしいですが、ボクらは映画を見た事があるので、「おぉ!これがあの!?」といった印象が持てます。
撮影した写真はベタなものなので載せません。奥にチラッと見えるのがそれです。

a0127781_001346.jpg
続いて、コロッセオ。なんでもこの日はここにローマ法皇が来て演説をしたとかで、周りは警官だらけ。もちろん封鎖されています。記念撮影も程々にバリケードの外に出されてしまいました。

a0127781_014695.jpg
次は、トレビの泉。もうここまで分刻みで観光名所を廻って来ています。
しかもここはもの凄い人の数。人が湧き出る泉となってます。泉に背を向けてコインを投げてきましたが、泉の前に行くだけでもひと苦労です。
a0127781_052990.jpg


夜は、オプションのカンツォーネを聴きながらのディナーに行ってきました。
(デジカメ忘れたので写真ないです)
ツアーの初日に現地申し込みが締め切られてしまったので、折角だからと参加したのですね。
これまで、自分たちで食事するのにも(イタリア語も英語もなんとか通じるし)慣れてきていたので、申し込まなくても良かったかな。とも思いますが、まぁ初めてですし何事も経験。食事もおいしかったですし、カンツォーネも盛り上がりましたよ。

ローマではテルミニ駅近くのスターホテル・メトロポールに泊まります。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-11 23:45 | 新婚旅行

新婚旅行/イタリア8日間④

今日も早朝から出発。ただし今日はフィレンツェにもう一泊するので、スーツケースを部屋の外に出さなくて良いというのが大きいです。ミラノ、ベネツィアでは何時までにスーツケースを部屋の外に出して、何時までにロビー集合!だったので若干余裕があるのですね。もちろん、一応ケースは締めて、ワイヤーロックはかけているのですが・・・。

a0127781_2365192.jpg
ドゥオモを横目にシニョーリア広場まで歩きます。10分くらいでしょうか。

a0127781_2371646.jpg
ミケランジェロのダビデ像(上写真左端)はレプリカ(本物はアカデミア美術館)ですが、その他、ロッジア・ディ・ランツィ(上写真右側のアーチ屋根のある建物)に並ぶ彫像はどれも500年くらすの歴史を持ったものばかり。それが街の真ん中の広場の一角にあるのですから驚きです。
a0127781_2311470.jpg
駅のホームではなく、彫像の前で新聞を読む。そんな朝がここフィレンツェでは可能です。

シニョーリア広場は、昼間は観光客ですごい人混みになってましたが、このときはまだ朝8時前。ダビデ像もゆっくり鑑賞できます。
このあと、ウフィッツィ美術館で、ヴィーナスの誕生、受胎告知、春などを鑑賞。この美術館では手に触れられるほど近くで鑑賞できるので、そのきめ細やかさ、髪の一本一本まで緻密に描かれているのに感銘を受けました。(近づきすぎるとブザーなるので注意が必要)

午後からはフリータイム。アカデミア美術館で本物のダビデ像を観たかったのですが、美術館前は既に長蛇の列。スコールに近い雨が急に降ったり、晴れたりの不安定な天気の中、待つ気になれず、今回は断念しました。
フリータイムですので、昼、夜は自分たちでなんとかしないとなりません。昼食はリストランテやバール(喫茶店)に入る気になれず、ポンテ・ベッキオという下町街でパニーノを買って食べました。
a0127781_23205363.jpg
2人で8€でしたが、注文してからハムをスライスして作ってくれる丁寧ぶり。それが美味しいのなんの。女性店員が美人だったのもgoodです。

a0127781_2321492.jpg

午後はお土産を購入したり、街をブラついたりしてのんびりした時間を過ごしました。夕方のサンタマリア・デル・フィオーレ寺院周辺は人が多くすごいことになってました。

下の写真は町の中心部から20分くらい歩いたミケランジェロ広場からの眺め。
皆さん一度はよく観た事のある写真ですね。大分歩きましたが、ここからの眺めは素晴らしいです。ドゥオモもそうですが、手前の川沿いの町並みも奇麗ですね。
日本ではなかなか観れない景色だと思います。
a0127781_2327248.jpg

フィレンツェは歩いて回るのにベストサイズな街。(と旅行ブックに書いてあったのかな?)
移動手段はバスとタクシーがありますが、歩いても十分楽しめます。歩いて素敵な町並みを楽しむだけでも満足でした。

夜、昨日のビステカが不足だったボクらは、添乗員さんに勧めていただいた、近くのブーカ・マリオ(BUCA MARIO)に行ったのですね。もちろん、1kgのビステカ狙いです。(2人でシェアね)
半日歩いて、ろくに水分も取っていなかったボクはワイン3杯が相当効いてしまい、グロッキー状態。席からなかなか立てず、支払いも嫁さんに任せる始末。やっとの思いでホテルに帰ってきました。
「まったく、あのジャポネーゼは何やってるんだ?」と周りの客からも変に思われたかもしれませんが、店員さんは優しく送り出してくれたそうです。お土産にクッキーチョコを持たせて。
ご迷惑をおかけしました。
[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-10 23:41 | 新婚旅行

新婚旅行/イタリア8日間③

朝早いので人もまばら・・ではないんです。下の写真は朝から8時くらいにドゥカーレ宮殿の入場に並んでいるときの一枚。ボクの後ろにたくさんの人がドゥカーレ宮殿見学のために並んでいます。サン・ジョルジョ島が向こうに見えています。朝早くても景色は素晴らしいです。
a0127781_23362047.jpg

a0127781_23364965.jpg
こちらがドゥカーレ宮殿。ヴェネツィア共和国の総督邸兼政庁だった建造物で、会議や裁判なども行われていたところ。
a0127781_23394119.jpg
天井の装飾や彫刻も見事です。
a0127781_23403774.jpg
上写真の手前に移っているのがイタリア人ガイドのマリオさん。日本語が堪能でオヤジギャグを織り交ぜながらガイドしてくれました。後ろに移っている右側がサン・マルコ寺院。正面がヴェネツィアのメインストリートへの入り口となるアーチです。サン・マルコ寺院見学の後、少しフリータイム。ヴェネチアングラスやレースを家族の土産に購入。最後に定番のゴンドラ観光です。
a0127781_2348714.jpg
a0127781_23481768.jpg
普通に街を歩いていても素晴らしい景観ですが、ゴンドラからもまた素晴らしいです。建物がいちいち素敵ですね。漕ぎ手の人もいちいちナイスガイです。狭い水路をどこにもぶつける事なくモーターボートとも難なくすれ違いながら進んで行きます。
a0127781_015362.jpg

今日もあっと言う間にヴェネツィア観光が終了。夕方にはフィレンツェにバスで移動です。

夕食は山に囲まれたフィレンツェ名物のビステカ(どでかいステーキですね)。
イタリアのリストランテ(レストラン)では一人分1kgくらいがドンと出てくるそうですが、今回は少なめの量が予め用意されていました。

ホテルはフィレンツェ/サンタマリア・ノヴェッラ広場近くのロロロージョです。
ホテルの部屋からは遠目にサンタマリア・デル・フィオーレ寺院のクーポラが見えています。
a0127781_021994.jpg

[PR]

by gaiantpanda | 2010-04-09 23:30 | 新婚旅行