<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アルファ・ジュリエッタ発表

と、言っているうちにジュリエッタ、発表です。
ボクとしては159が気に入っているので、「燃費が良い」のが羨ましいくらいでしょうか・・。
a0127781_23475947.png
【carviewから】
フィアットグループオートモビルズジャパンは、新型Cセグハッチバック「ジュリエッタ」を発表。2月4日(土)より全国正規ディーラーを通じて販売開始する。

 アルファロメオの歴史上3代目となるこの「ジュリエッタ」は、1954年のトリノショーでデビューして以来、60年を経た現在も根強いファンをもつ同ブランドの傑作と言われるモデル。1977年の2代目ジュリエッタから約30年ぶりに復活を遂げた新型ジュリエッタは、アルファロメオらしいエレガントなスタイリングと、クラストップの実用性、快適性、安全性を両立したものとする。

 新開発プラットフォームを採用する「ジュリエッタ」のボディサイズは、全長×全幅×全高=4350mm×1800mm×1460mm、ホイールベース=2635mm。CセグメントのベンチマークVWゴルフとの比較値は、全長+140mm、全幅+10mm、全高-25mm、ホイールベース+60mm。

 高張力鋼板、超高張力鋼板の使用比率を全体の90%以上で採用。前後サスペンションも新設計し、アルミ材を多用するなどして軽量化をはかり、高い運動性能と快適性を追求したものとする。全車でアルファロメオD.N.A.システムを標準装備。3つの異なるドライブモード(D:ダイナミック、N:ノーマル、A:オールウェザー)を切り替えて最適な走行をセレクトする事ができる。

 搭載エンジンは2機種。1929年に登場した「6c 1750」に由来する“1750”を冠する1750直噴ターボエンジン[173kW(235ps)/5500rpm、340Nm(34.7kg-m)/1900rpm]は、6速MTと組み合わされ、最上位モデル「クアドリフォリオ ヴェルデ」に搭載。

 もう一方の1.4リッター直4ターボ[125kW(170ps)/5500rpm、250Nm(25.5kg-m)/2500rpm]にはデュアルクラッチのアルファTCTを組み合わせ、装備違いの「スプリント」と「コンペティツィオーネ」に搭載する。

 価格は「スプリント」318万円、「コンペティツィオーネ」358万円、「クアドリフォリオ ヴェルデ」388万円。
[PR]

by gaiantpanda | 2012-01-05 23:49 | クルマ

新年あけましておめでとうございます

昨年はあまりエントリーが出来ておりませんが、159の板金、レスモの修理以降は絶好調でございます。


今年はアルファロメオもジュリエッタの発表を間近に控え、楽しみな年になりそうですね。
今年もよろしくお願い致します。
a0127781_22435972.png

※写真はcarviewから
[PR]

by gaiantpanda | 2012-01-04 22:44 | 日記